保険商品選びに迷った時の頼もしい味方!保険の窓口の評判

保険相談で評判の良い保険の窓口なら見直しもお願いできる

生命保険と医療保険の違い

死後の保障をするために掛けるのが生命保険です

生命保険は、死亡時に残された家族へ向けて生活費を保障するための保険です。死後すぐにもらえるとは限らず、当面の生活費として期待できない場合も大きいため、注意が必要です。1000万円以上の保険金を掛けることが一般的と考えられています。

生存中の疾患を保障してくれるのが医療保険の魅力です

医療保険は、疾患にかかった時に、入院や通院を保障する保険です。三大疾患(脳卒中・心臓病・がん)にかかった時には一時金を支払うことができるものや。余命宣告を受けた場合はリビングニーズと呼ばれる生前に保険金を受け取れるサービスも充実しています。

保険商品選びに迷った時の頼もしい味方!保険の窓口の評判

女の人

保険選びはプランを確認してから

自分に見合った保険に加入しなければ、毎月の保険料で家計を圧迫してしまうことの他、保障が低く家族の生活や自分の生活が成り立たなくなってしまうということにつながります。単に保険料が安いというだけで加入するのではなく、プランと保障内容を確認してから加入することが大切です。「今の自分にとって大切な保障は何か」を書き出してみると。必要な保険が見えてきます。

保障額を算出する

もし、自分が病気になったら、いくらのお金が必要になるのだろう。もし自分が死んだら、家族にどの程度のお金を残せたら豊かに暮らせるのだろう。このように欲しい保障を算出することで、加入すべき保険プランも見えてきます。ただし、保障と保険料のバランスが悪くなる可能性があるので、毎月の収入面も踏まえて考えていきましょう。

必要な保障が満たされているかチェック

今の生活で万一の時に欲しい保障はなんでしょうか。入院・手術・三大疾患リスク、死亡リスクなど、考えたらきりが無くなってしまいますが、最低限の生活を守るために必要な要素だけを抜き取って考えていくと、必要な保障が満たされているかどうかを知ることができます。一人ではなかなか考えられないので、ファイナンシャルプランナーと一緒に探っていくことをおすすめします。

他の保険商品と比べよう

評判が良いと聞くけれど、他社のあの保険商品の保障はどうなの?保険料が安いけれど条件が多いのでは?など疑問に思うこともたくさんです。保険の窓口などでは今加入の保険保障内容と現在販売されている保険商品との比較を引き受けてくれます。更に良い保障は受けられるか、保険料は安くできるかといった相談も引き受けてくれるので、生活を見直したい方もおすすめです。

保険の窓口を利用した人の口コミ

家計診断を経て保険解約をまぬがれました

働いていた頃の貯蓄型保険では主婦となったいま、保険料の支払いが難しくなっていました。加入し続けるべきか、解約すべきかを保険の窓口で相談したところ、満期までは頑張って支払いましょうという結論が見えてきました。満期まであと3年なので、生活のムダをなくします。

年齢に対する保険料問題が解決しました

10年満期の保険を同条件で書き換えすると毎月の保険料が倍に跳ね上がることが分かりました。保険の窓口に相談したら、同条件で安く加入できる保険があることを知り乗り換えることにしました。加入年齢と保険料の問題もクリアできたので安心です。保険のことはもっと勉強するべきですね。

広告募集中