保険を学ぼう

私たちの生活には、様々な「不慮の出来事」が存在します。生活を保障する・相手へ償いをするというような時、大きなお金が必要となります。保険に加入していればわずかな保険料で大きな保障を受けることができます。保険についてもっと深く知ってみませんか。

自分に合った保険を選ぶこと

私たちの生活の中では保険が欠かせないものとなりますが、本当に必要なのは死後に残せるお金よりも「働けなくなった自分が生活するための資金」なのかもしれません。また大きな保障よりも、目の前の小さな保障が必要になることも。様々な保険商品の中で自分に合ったプランを選ぶことが大切です。

保険見直し5つのポイント

結婚したら受取人を見直そう

若い時に加入した生命保険などは保険受取人が両親のうちいずれかに指定していることがほとんどです。結婚したら、保険の内容を見直すチャンスです。受取人の変更は法定相続人である配偶者に変えることが大切です。必要な時に必要なお金を残せなくなりますし、遺産としての保険金は相続税の控除対象となるため節税のチャンス。多額の税金でお金を失うことも無くなります。

生命保険の種類は、今の自分に見合っていますか?

今やがん社会とも言われています。死亡時の保障だけのシンプルな生命保険では、自分自身が病気にかかった時に多額な入院費や手術費がかかった時にカバーしきれません。仕事を休職した時に保障してもらえる保険や、余命宣告された際に保険金を受け取れる特約などがあれば、身の回りが楽になることがほとんどです。健康な今だからこそ、保障内容を見直しましょう。

終身プラン?保障期間、を見直そう

「とりあえず、保険に加入していればいいや」その感覚で加入した生命保険。満期を迎えたらそこで保障が終了、という保険では年齢を重ねてからの有事に対応できません。年齢を重ねたら終身プランなど長い期間の保障を求めるべきでしょう。加入している保険の内容が気になったら、今すぐ保険証券を確認しましょう。自分が今加入すべき保険が見えてきます。

保険料が生活を圧迫していることも

毎月支払いが発生している保険料。独身時代は良かったけれど結婚したら、それが家計を圧迫する要素にもつながります。将来の貯蓄よりも今の生活費が必要であることに気づいたら、保険の見直しをしましょう。また、同条件で満期書き換えをすれば年齢によって保険料も跳ね上がります。こういったタイミングでも保険を見直すチャンスです。

保証金額は妥当ですか?

死亡保険金や医療保障など自分の保険でまかなえる保険金は今の生活に見合っていますか。もう少し手厚い保障が欲しい、家族の生活を守れる額の保証が欲しいと考えた時はできるだけ早く保険の見直しを行いましょう。保障を見直しすると、保険料も変わります。年齢が上がるほど保険料が上乗せされていくため、一日も早く見直しを始めることが大切です。

[PR]節税対策には逓増定期保険はオススメ!
基礎知識をリサーチ☆

[PR]家計診断をプロに依頼しよう
お金の悩みを解決しよう

保険の見直しで毎月の支出を大幅カット!安心を手にしてコスト削減

男性

家計診断のメリット

家計診断を行うことで、これから必要なお金の総額が分かります。また今の生活のムダも浮き彫りとなってきます。保険の窓口では、家計診断を行いながら適切な保険商品を紹介してもらえると評判です。これから車が欲しい、家のローンが支払えるかなどを知るほか、これから起こりうる病気のリスクを踏まえた適切な保険保障額も割り出してもらえます。家族へ安心を提供できるのが「家計診断」ととらえると、わずかなムダも受け止められるようになりますよ。

無駄をなくす

生活のムダをなくすことは、どんな方でも念頭に置いている事柄でしょう。自分はムダとは思わないことでも、第三者から見ればとてもムダに移っていることも多々あります。ちょっと工夫をすることで、お財布の中に残るお金もぐんと増えます。まずは、レシートとにらめっこをして「ムダな買い物」の洗い出しをしてみることをおすすめします。コンビニ通いをやめる、水筒に麦茶やコーヒーを入れて持ち歩くことを励行するだけでもムダは省けます。

ファイナンシャルプランナーに相談

女の人

保険商品選びに迷った時の頼もしい味方!保険の窓口の評判

収入と支出のバランスが良いか、企業も生活者も気になる分野です。ファイナンシャルプランナーは企業の収支診断や、家計診断まで多岐にわたる相談を受けています。生活者に対して適切な保険を、企業に対しては経営者向けの逓増定期保険に関する説明を行い、保障に対するアドバイスを行っています。

READ MORE
広告募集中